「三六九の儀」は、個人の歴史、家系の歴史、土地の歴史から受ける虚の影響を解き放ち、人生を順なる方向に開きます。

個人の歴史、家系の歴史、土地の歴史は神言鑑定によって「なぜ、今このような状態なのか、その原因は何か、どのカルマを解いたら良いのか」を明確にします。その鑑定をもとに、複雑に絡み合った個人のカルマ、家系のカルマ、土地のカルマを解く手段が、「三六九の儀」です。

私たちの「今」は、過去の決断と行動の結果です。

過去の生き様が、今に影響を与えていることは明らかです。

「三六九の儀」は、過去からの悪影響、あるいは、霊的障害をカルマの許される範囲で解くことができます。

虚の影響となる原因を特定し、エネルギーの法則によって虚のエネルギーを解消します。

過去数百年の間、日本の歴史は家系を重んじる時代が続きました。ご自身の先代の生き様が子孫に虚の影響「先祖の因縁」として現れることもあります。

家系の虚のエネルギーを解消すると、「先代から繰り返される病気や症状、繰り返される不運の連鎖などが消えて、」という最善の方法です。

神言鑑定で、下記のような影響の背景にある内容を明らかにします。

その結果に基づいて「三六九の儀」を行います。

影響の原因の一例は下記を参考にしてください。

◇自分の過去生からの影響

◇土地からの影響

◇建物からの影響

◇直系先祖からの影響

◇環境からの影響

◇想念からの影響

神言鑑定によってどの家系の先祖達をお清めするのかを特定いたします。

鑑定結果によってお清めの件数が明らかになります。