夜のツタンカーメンを聞いてくれた方から

(聞いてくれてありがとうございます)

「まだ許せていない人がいます」

と、シェアがありました。

わかります。

私もかつてそうでした。。。

許そうとわかっていても、

自分自身の記憶、

そしてその時の感情は残っているんです。

肉体であるということ

思いや思考があるということ

これが人間です。

感じる

思い出す

考える

想像する。

次々と思いが溢れてきます。

そしてグループに次々と

「私もあるんです」と。

「許す」

再誕生して今を生きる私たち。

人生の歩みからさまざまな人間関係を学びます。

そして、そこから生じる感情が次々と記憶として蓄積されていきます。

その記憶を

私たちは

事実だと思い込んでいます。

家族

友人

社会で出会う人々。

そして出来事

自分自身の感情。

今起きていることは

カルマの法則によって種から発芽して

花が次々と咲いているのです。

一瞬一瞬に種がまかれ、

毎瞬毎瞬に花が咲いています。

全ての出来事の中に

今回の人生の宿題があります。

カルマの法則を知識として学び、

全ての経験が、

カルマの法則がどのように働いているのかを知るための知恵となります。

重要なことは

「なぜか?」というか意識。

どの種が蒔かれ、花が咲いたのか。

良い悪いという二元論を

超えた捉え方ができるようになります。

一つ一つの出来事から

同時にいくつも学べます。

そして、

カルマの法則を学んだ先に

いよいよ魂の学びが始まります。

感情は自分ではないと気づくこと、

記憶も自分ではないと気づくこと、

この学びは、

魂が顕現するまで

何度も何度も

生まれてくる理由でもあり、

宿題でもあります。

一歩一歩着実に歩みます。

そして

今日の本題、「許す」

誰かを許すということ。

カルマの法則を理解し、

自分自身を知り、

ありのままの自分自身を

受け取ることです。

自分をありのままに受け取れる時、

自分を許します。

そして、全てを許します。

そして、自分自身を愛します。

そして、全てを愛します。

ゆっくり自分自身に向き合い、

魂と繋がっていきましょう。

自分自身を「ありのまま」に

受け止めるのには時間がかかります。

安心して、

「ありのまま」

の自分を見る練習を重ねましょう。

今年は誰にとっても魂の顕現の年。

Michiko

✨全ての瞬間が最高最善✨

“許すこと” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。