ネガティブなエネルギーからあなたを守る波動の塩

竹の中のエネルギーを超・真空処理した「波動の塩」。

わずかな期間にグンと伸びる竹の強い生命力と、自然恵みの波動に共振。

さらに、ミネラルバランスのよいサンゴカルシウムと、安定力にすぐれる上質な食用金粉を加えることによって、エネルギーをアップした生きた塩です。

太陽と海の情報をもった金粉入り「波動の塩」

「塩は火(カ)の気と水(ミ)の気を併せてもち、土の気を生み出す」といわれています。

火は、太陽のエネルギーです。

塩にはその太陽のエネルギーを満たし、海の生命の情報とともに人に働きかけ、地の気を安定させるという大きな力があります。

 

◆『波動の塩の特徴』

長年、培った経験をもとに、原材料はメキシコで採れる天日干の塩を使用。

原料は加熱しない製法で加工はせず、海水から出来た結晶のもつみずみずしさやエネルギーを損なわない様に超・真空処理を施すことによって、生きた最高の塩の生成に成功しました。

塩は海水に約4%程度含まれていますが残りの水分を取り除くために長い年月をかけて天日と風だけで結晶化します。

この天日塩には不純物やアク分も多いためバッキ洗浄を繰り返します。

(飽和塩水の槽に原料塩を入れ爆発的にエアを送り込んで洗浄しアクを取る)

(1)原料バッキ洗浄初期

(2)バッキ洗浄最終

(3)バッキ洗浄した結晶

洗浄した結晶は更にきめ細かいパウダー状に調整され常温でゆっくり自然乾燥させます。

塩は海水の結晶であり煮詰めたりすると生きた塩ではなくなるという考え方から長年常温での製法にこだわって来ました。

これに金粉とサンゴのカルシュウムを加え更に竹の中空のエネルギーを独自に開発した製法で塩の結晶に同調させていることが特別であることの証しといえます。

海の浄化力をもった塩が竹の豊かな波動に共振しています。

波動の塩の入った小袋を身につけるだけで、チャクラを整え、活性化させます。

✔ お料理や飲み物の美味しさアップ!

~食材のもつ良い特性を引き出す~

✔ お部屋、職場、土地の浄化。

✔ 天然石・貴金属の浄化・活性化。

✔ ネガティブなエネルギーを受けやすい方はお守りに。

✔ ヒーリング・治療に。

 

◆『食品のアク抜きでエネルギーとおいしさアップ』

野菜や果物などを薄い塩水(水1リットルに約1g程度の塩を入れた1000倍液)をつくり20分程度浸けておくと浄化しマイナスのものを変調します。

バナナなどは皮ごとでもかまいません。

又たまごは殻ごと浸します。

水1リットルを目安に

塩を約1mgで1,000倍の塩水

お料理の前に食材を塩水に浸けます。

水量は食材の量によって調整します。

2ℓの水量なら塩2g程度、塩はそれぞれのもつ良い特性を引き出します。

浸す時間は下記の時間を目安として下さい。

お米20分、野菜類20分、果実類30分、魚介類15分、肉類10分

『お茶・お酒・飲み物にほんのひとつまみ』

夏など多量に発汗した場合は失われた水分のほかに塩分の補給も大切です。

ミネラルウォーターなどにほんのひとつまみ入れてください。

『お料理の最後の仕上げにひとふり』

ドレッシングやマヨネーズなど容器に入ったものは容器ごと1000倍液に浸けます。

 

◆『お風呂での活用方法』

お風呂にひとつかみ程度を入れて清めに(浄化作用)

残留したマイナスのエネルギーを取り除きます。

20g ~25g位が目安です。

また塩を手のひらで伸ばし直接肌につけて全身マッサージをしても良いでしょう。

足湯などにお使いいただきますと発汗作用を高め老廃物を排泄する作用もあります。

◆『外出から帰ったとき』

塩には殺菌作用があります。

次の様に活用しましょう。

<洗面所に準備する物>

40g入容器のエネルギー塩と壊れないコップ

手のひらに塩を少しふりかけて、水道水で手を洗う。

(石鹸を使われても可)

<環境面での活用方法>

①部屋、職場の空気がよどんでいる時など薄い塩水を作ってスプレーして下さい。

異臭のある所にもお使い下さい。

②玄関やトイレ・水回りなどに盛り塩

盛り塩は必ず対にして置きます。

できるだけ真ん中が高くなるように円錐に盛ります。

玄関などはよく外側に左右対にして置いていますが内側でもかまいません。

邪気を払い良いエネルギーを呼び込みます。

③土地の浄化に(お清めに)最適です。

土地全体にまきます。また、1000倍液程度に希釈してまいても構いません。

④鬼門や裏鬼門に

鬼門や裏鬼門に台所、お風呂、トイレ等がある場合特に北東と南西の場所に袋ごと置きます。気の滞りをなくします。この場合、半年位が交換の目安です。

⑤家の転居・事務所の移転

転居する場合は各階の中央に少量でも置いて退居時に水に流します。(飛ぶ鳥後を濁さず)新しく入居する場合も、新居場所を清め新たな気持ちでスタートを。入居の場合でも同じ様にして30分程度置いた後、水に流します。

⑥場の活性化・スピリチュアルバリア(結界)としてオフィスや部屋などに東西南北の四方に袋のままに置きます。場が活性化します。

この様に使用された場合、これ専用にして使用後は水に流す様にします。

半年位が交換の目安です。

*東西南北に一袋ずつ置いてその中で前屈運動をしてみると柔軟性がアップするのがわかります。

(部屋の四方に置いて結界を張る。100g~500g程度)

寝ている場所があまり良くないとポテンシャルが上がりにくい場合もあります。

こんな時に置くと場を整え生命エネルギーを活性化します。

交換の目安は半年位です。

◆ヒーリング用として・旅行のお友にも

①身体の東西南北又は四方に一袋ずつ置いてヒーリングエナジーを感じてみて下さい。(但しこの様にお使いの場合はこれ専用にして下さい)個人差がありますが比較的長くご使用になれます。処分する時は水に流して下さい。

②ネガティブなエネルギーを受け易いと思われる方は少量でも小袋に入れて身に着けて下さい。(胸とかおへそとか)

③宿泊先のホテルなどでは(少量程度)部屋の四角又は四方に置いて下さい。

(チェックアウト時に水に流します)

④身に着けるだけでもオーラ・チャクラを整え活性化します。

*オーラフィールドを浄化し活性へと向かわせます。

*特にストレスを受けるとオーラフィールドに影響を与えるといわれています。これらの生命場を浄化し中和の方向へと導きます。

ストレスの多い方など少量(20g位)を小袋に入れて身に着けるのも良いです。

塩 の中に含まれる金は古くから価値があると言うだけではなく魔除けなどにも使用されて来ましたが、生体電流を整えたりエネルギーを強化したりマイナスのエネ ルギーから身を守ったりするパワーがあります。(この様な目的でご使用の場合、専用としてはお使いになられ、使用後は水に流して下さい。固まったり変質し たり水分を多く含むようになった時は交換して下さい)

◆ヒーリングストーン、貴金属などの浄化・活性化などに

1000倍液程度の塩水に浸けます。アクセサリーなど直接塩水に浸けられない場合、袋に入れて。水晶などは直接塩水に浸しておいてから流水で洗います。

又、貴金属などは塩水ではなく塩を入れた袋をつくりその上に20分~30分置いておきます。

◆生け花などへほんのひとつまみ

切り口の詰まり、根ぐされなどを防止し花を生き生きとさせます

エネルギー塩には珊瑚のカルシュウムが含有されています。

このカルシュウムは根の腐敗を抑制する働きがあります。

水切りの時などほんの少し水に入れてその中で根をカットしても良いでしょう。

水をエネルギー化します。

◆車への活用方法

大切な車にも最低二袋を前後に置きます。対(二個)で使用することでメビウス状のエネルギーの渦を作ることが出来、車全体を包み込む様になります。

前後左右に四個置けば更にパワーアップします。

感覚が鋭敏な方は車のパワーアップを体感できます

固まったり変質したり水分を多量に含んできたら交換の時期です。

*大型車への置き方などについてはお問い合わせ下さい。排気量などにより使用する量を変えた方が良い場合があります。また置き方なども変わることがあります。

以上エネルギー塩の使い方の例を示しましたが、これら以外にも、いろいろ活用方法は限りなくあります。みなさまのご工夫で楽しんでご活用下さい。

◆副鼻腔の洗浄

コップ100ccの水に約1gのエネルギー塩を入れ100倍液をつくる。

➊うがい(1~2回)

➋片手の手のひらに少し塩水を入れ鼻をつけ、吸って出す。(1~2回)

➌片手の手のひらに少し塩水を入れ片目ずつつけてパチパチと開けたり閉じたりして塩水で洗う。

➍最後に顔全体を洗う。その後、水道水ですすぎます。